/

この記事は会員限定です

車業界、AI人材争奪戦 自動運転普及にらみ

[有料会員限定]

自動車業界で人工知能(AI)など高度なソフトウエアの開発を担う技術者の争奪戦が激しくなってきた。トヨタ自動車が米グーグルからロボット子会社2社を買収する方向で詰めの交渉を進めていることが1日、明らかになった。自動運転や安全支援システムにはAIをはじめとする高度なソフトが不可欠だ。各社は人材の拡充など開発体制の強化を急ぐ。

米シリコンバレーで1月に設立したAIの開発子会社、トヨタ・リサーチ・インステ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン