島津製作所、微生物の種類を十数分で識別

2016/5/29 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■島津製作所 名城大学などと共同で、食品に含まれる微生物の種類を十数分で識別する技術を開発した。食品工場で出荷前にサンプルを解析し、有害な病原体がないことを確認する用途などに使える。効果を検証し、2016年中の発売を目指す。

質量分析と呼ぶ技術を使う。この技術で田中耕一シニアフェローは02年にノーベル賞を受賞した。食品サンプルから取った微生物を培養し、試薬と混ぜる。真…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]