/

この記事は会員限定です

島津製作所、微生物の種類を十数分で識別

[有料会員限定]

■島津製作所 名城大学などと共同で、食品に含まれる微生物の種類を十数分で識別する技術を開発した。食品工場で出荷前にサンプルを解析し、有害な病原体がないことを確認する用途などに使える。効果を検証し、2016年中の発売を目指す。

質量分析と呼ぶ技術を使う。この技術で田中耕一シニアフェローは02年にノーベル賞を受賞した。食品サンプルから取った微生物を培養し、試薬と混ぜる。真空中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン