/

この記事は会員限定です

日本紙パルプ、AIで配送手配 研究子会社設立

[有料会員限定]

紙専門商社最大手の日本紙パルプ商事は人工知能(AI)を研究する子会社を7月に新設する。紙製品を輸送するトラック便を自動で手配するAIの実用化を目指す。在庫状況を見ながら最適な仕向け先を判断できるAIの開発で複雑な紙製品の物流を効率化する。紙市場の縮小で製紙業界は合理化が避けられない。人手に頼っていた業務の省人化でコスト競争力を高める。

新会社はシステム開発の東京システムハウス(東京・品川)との共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン