2019年9月19日(木)

身代金ウイルス 企業標的 1~3月被害、前年通年上回る

2016/5/26 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業を標的にネット上で"身代金"を求める新型のコンピューターウイルスが国内で広がっている。感染するとパソコン内のデータが閲覧できなくなり、元に戻すには金銭を要求される。その振る舞いからついた名前が「ランサム(身代金)ウエア」。データ消失の焦りから、ついつい支払う企業もあるようだ。

情報セキュリティー大手のトレンドマイクロは25日、国内の法人顧客から受けたランサムウエアの被害報告件数が今年1~3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。