/

この記事は会員限定です

企業統治、株主目線で磨く 指針導入1年

[有料会員限定]

企業統治指針の導入から約1年が経過し、企業側の体制整備が加速してきた。株主の目線で経営に参加する社外取締役は6000人を突破し、社内も含めた取締役全体の約2割に達する。持ち合い株式を売却したり、買収防衛策を取りやめたりする企業も増えている。こうした体制面の改善が進むなか、実際に企業統治を強化するための運用の巧拙が一段と重要になってきている。

■社外取締役6000人超す 全体の2割、監視強化

201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン