福田道路、低コストの道路補修技術本格導入へ

2016/5/25 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福田道路(新潟市)は道路補修費用を従来の75%程度に抑えられる自社開発の工法を本格導入する。2016年度に補修用の重機を導入するほか、17年中には舗装状況を簡易的に診断する仕組みを取り入れる。今後道路などインフラの補修需要が増える見込みで、補修コストを抑えた新工法を県内自治体を中心に売り込む。

07年に開発した道路補修の工法「ヒートドレッシング工法」を新潟県内と一部東北地方を中心に展開する。同工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]