日米、為替政策なお火種 G7では対立「封印」

2016/5/22 1:24 (2016/5/22 3:30更新)
保存
共有
印刷
その他

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で、日米両国は為替政策について互いへの強い批判は避けた。円高がひとまず一服し、不要な対立はかえって市場を混乱させると判断した面が強い。円高を警戒する日本、為替介入を容認しない米国という構図が変わったわけではない。

「ここ数週間をみれば、10日間で8円とか9円とか振れるのは秩序だった動きとはいえない」(麻生太郎財務相)

「相場は無秩序とはいえない状況だろう…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]