/

この記事は会員限定です

グーグル、AIに軸足 対話アプリなど「スマホの次」にらむ

[有料会員限定]

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルがスマートフォン(スマホ)の「次」を見据えた成長戦略を加速している。中心は急速に進歩する人工知能(AI)。18日にAIを活用した対話アプリや家庭向けの音声認識端末を発表し、専用の半導体も自社で開発した。同社が強さを誇るスマホ市場の伸びが鈍るなかで、AIに軸足を移す姿勢が一段と鮮明になった。

本社を置くカリフォルニア州マウンテンビューで18日から始まった開発者向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン