/

芝浦とトーカロが監査法人変更 新日本から

東芝グループの芝浦メカトロニクスと溶射加工大手のトーカロは19日、会計監査の担当を新日本監査法人から変更すると発表した。東芝の会計不祥事で新日本が金融庁の行政処分を受けた昨年12月以降、新日本との監査契約を打ち切る動きが相次いでいる。

芝浦は3月下旬、東芝と同じPwCあらた監査法人を後任に内定。東芝テックや東芝プラントシステムもPwCあらたに変えるなど、グループで足並みをそろえている。トーカロは後任に京都監査法人(京都市)を選出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン