/

この記事は会員限定です

繊維リサイクルのナカノ 古着繊維で軍手(神奈川のエンジン)

[有料会員限定]

古着の繊維を原料に、特殊紡績という技術を使って作った軍手「よみがえり」。環境への負荷を軽くするため染色や脱色をしていないので、グレーの地に赤や青などの細かい糸が交じる。2009年の発売以来、女性用、子供用とあわせて16年3月までに約260万セットを売り上げた。

使った古着は約123トン。ワイシャツに換算すると約62万着分になる。純綿で軍手を作るのに比べ、綿花を105トン節約した計算で、二酸化炭素...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン