住民主導でメガソーラー、福島・富岡町 売電収入で地域再建

2016/5/20 10:27
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故で避難指示が出ている福島県富岡町に、住民主導の大規模太陽光発電所(メガソーラー)が誕生する。発電能力は一般家庭1万世帯分の電気を賄える約3万キロワットで、2018年3月の稼働をめざす。95億円の建設費のうち約15億円は一般市民の出資を募る計画だ。電力会社などに全量売電して収入は地域の再建に活用する。

メガソーラー構想の中心となる住民らが設立した一般社団法人、富岡復…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]