アベノミクスで外食単価上昇 今年は抑制、流れ途絶も

2016/5/19 0:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食産業では昨年まで円安の進行による輸入コストの上昇を受けた値上げが相次いだ。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の追い風もあり、値上げの打撃は小さく、客単価の上昇も続いた。

日本フードサービス協会(東京・港)によると、外食業界の客単価はアベノミクスが始まった2013年から上昇に転じた。09年から12年にかけて4年間にわたって下落の一途をたどった客単価は13年は0.8%増と持ち直し、14年、15年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]