2018年8月18日(土)

外食、再び低価格化の波 高まる節約志向に対応

2016/5/19 0:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 外食各社が低価格メニューを拡充している。日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)はワンコイン(500円)程度の手ごろさを売りにしたランチセットを追加。吉野家ホールディングス傘下の回転ずし店も、最低価格のメニューを2割以上増やした。外食産業では昨年まで値上げが相次いだが、節約志向の高まりを受けた低価格化の波が再び押し寄せている。

 日本KFCは秋ごろをメドに500~600円のランチメニューを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報