/

この記事は会員限定です

外食、再び低価格化の波 高まる節約志向に対応

[有料会員限定]

外食各社が低価格メニューを拡充している。日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)はワンコイン(500円)程度の手ごろさを売りにしたランチセットを追加。吉野家ホールディングス傘下の回転ずし店も、最低価格のメニューを2割以上増やした。外食産業では昨年まで値上げが相次いだが、節約志向の高まりを受けた低価格化の波が再び押し寄せている。

日本KFCは秋ごろをメドに500~600円のランチメニューを追加することを明らかにし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン