/

この記事は会員限定です

アリフCEO、LCC事業で頭角

[有料会員限定]

ガルーダ・インドネシア航空を率いるアリフ・ウィボウォ社長兼最高経営責任者(CEO)は生え抜きの経営トップだ。

1990年にエンジニアとして入社、マーケティング部門などを歩んだ。頭角を現したのは2012年からCEOを務めた子会社の格安航空会社(LCC)、シティリンクの経営立て直しだ。

徹底したデータ分析をもとに迅速な判断で赤字脱却の道筋を付けた。新規路線を開設しても、需要が伸びないとみると、わずか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン