中部3県のレジャー施設、15年度の集客5%増

2016/5/18 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部3県の主要なレジャー関連74施設の2015年度の集客数が、訪日外国人の急増などを追い風に前の年度に比べて5%増えた。1位は1500万人超を集めたナガシマリゾート(三重県桑名市)で、10年連続でトップとなった。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが17日、4月に実施したアンケートをもとに集計結果を発表した。集客数が前年度を上回ったのは全体の69%にあたる51施設。外国人旅行者が「増えた」と回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]