2018年10月16日(火)

宅配サイト創業者立件へ 「出前館」相場操縦容疑で東京地検

2016/5/17 1:30
保存
共有
印刷
その他

ジャスダック上場で、宅配サイト「出前館」を運営する「夢の街創造委員会」(大阪市中央区)の株価を意図的につり上げるなどしたとして、東京地検特捜部は16日、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で、同社創業者で元社長の男(46)を立件する方針を固めたもようだ。

関係者によると、元社長は2013~14年、高値で大量の買い注文を出して同社の株価を意図的につり上げたほか、不正に固定するなどした疑いが持たれている。

出前館は、加盟する全国1万店超の出前を注文できるポータルサイト。夢の街社の15年8月期の連結売上高は約36億円だった。元社長は1999年に同社を創業し、社長や会長を歴任。13~14年に特別顧問を務めた。

証券取引等監視委員会が昨年2月、同社や元社長の関係先などを強制調査。同法違反容疑での刑事告発に向けた調査を進めている。元社長は取材に「当時は金商法の規定を知らず、自分の行った取引が違法だとは思わなかった」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報