/

自転車でお遍路リレー、JC四国が企画 映像も発信

八十八カ所霊場を自転車で巡る「四国遍路88サイクリング」が15日、日本青年会議所(JC)四国地区協議会の主催で始まった。全1300キロを14区間に分け、各区間を一般公募したグループにリレー形式で走破してもらう。世界遺産登録を目指す四国遍路の新たな巡礼スタイルとして主に若い世代に発信する。

15日は松山市の道後温泉本館前を出発。市内にある51番の石手寺から61番の香園寺(西条市)まで愛媛県内の約100キロを参加グループの5人などが走りきった。今後は60~100キロある各区間を土日や祝日に参加者が巡って四国を一周し、10月2日に道後温泉本館にゴールを予定する。

香川大学大学院地域マネジメント研究科の学生が協力し、自転車の搭載カメラなどの動画を専用サイト(http://shikoku88cycle.jp)で発信。四国の風景などを映像で国内外に伝え、世界遺産登録を後押しする。3回目以降の参加者(20歳以上)を募集中で参加費は食事代や保険料を含め1人3000円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン