池袋西口の再開発始動 高層ビルを計画/文化発信拠点に

2016/5/17 10:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

池袋駅西口の駅前再開発が動き出す。地権者などでつくる再開発準備組合によると、対象区域は東武百貨店を含む約5.3ヘクタールで、東京ドームを上回る広さの大規模開発となる。同組合は2018年度に東京都の都市計画決定を受け、商業施設が入る高層ビル建設など具体的な計画づくりを進めたい考え。順調に進めば33年度までに再開発が完了する。

再開発の対象区域は道路約2.3ヘクタール、公園約0.3ヘクタールで、残る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]