/

この記事は会員限定です

南三陸さんさん商店街、17年3月に高台で本格開業

28店舗が入居、町観光の柱に

[有料会員限定]

東日本大震災からの復活を目指す仮設店舗の代表的な存在である南三陸さんさん商店街(宮城県南三陸町)は、2017年3月に本格設置の商店街を開業する。まちづくり会社が6棟を建て、28店舗がテナントとして入居する。現状を5割上回る年間45万人の来訪を目指す。震災から6年のタイミングで、仮設から本設への移行が実現する。

本格設置の建物は南三陸まちづくり未来(宮城県南三陸町)が、町職員が犠牲になった防災対策庁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン