/

この記事は会員限定です

魚や家畜でゲノム編集、研究広がる 品種改良に活用へ

[有料会員限定]

狙った遺伝子の働きを高効率で変える新技術「ゲノム編集」を魚や家畜に適用した研究成果が相次いでいる。水産総合研究センターなどは色素の遺伝子が働かないマグロ作りで新技術を試し、養殖中の激突死を防ぐ道を開いた。農業・食品産業技術総合研究機構などは新技術による子ウシ誕生にめどを付けた。今後、品種改良にゲノム編集が幅広く使われそうだ。

水産総合研究センターなどは水槽でマグロの産んだ受精卵を集めて酵素などを注...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン