2019年9月16日(月)

京樽、中国・ベトナムに進出 持ち帰りすし店

2016/5/16 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

吉野家ホールディングス傘下の京樽は年内にも中国とベトナムに進出する。にぎりずしなどの持ち帰りすし店の業態で出店する。2~3年以内にそれぞれの地域に5~10店の店舗網を築く。すし1貫あたり日本円換算で30~50円程度と日本よりも価格を抑え、現地の中間層の需要を取り込む考えだ。

中国では現地の水産加工会社と組んで遼寧省大連市に合弁会社を1月に立ち上げ、出店先の選定を始めた。ベトナムでは近くホーチミン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。