カルビー、台湾の合弁事業解消

2016/5/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カルビーは台湾でのスナック菓子の合弁事業を解消した。4月末までに台湾系食品大手、頂新グループ傘下の味全食品工業との合弁会社を清算した。台湾での販売はいったん5月末にも終える予定で、カルビーは今後の台湾での生産・販売体制を練り直す。

台北カルビー食品股份公司(台北市)を清算した。2012年にカルビーが51%、味全が49%の出資比率で設立し、スナック菓子「じゃがビー」を製造・販売していた。製造は3月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]