海運先物、シンガポール市場が台頭 中国勢を取り込み

2016/5/12 0:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海運市況の先物取引でシンガポール取引所(SGX)が台頭している。これまではロンドン市場が取引の中心だったが、SGXの取引量がロンドンに匹敵する規模に育っている。中国をはじめアジアの市場参加者の取り込みに成功。海運市況を集計する英バルチック海運取引所の買収に動くなど、指標市場を目指し攻勢に出ている。

海運先物の清算業務は英LCHクリアネットが大半を手掛けていたが、約2年前からSGXが急速に伸びてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]