/

この記事は会員限定です

JR東海など、新幹線輸出で台湾とタッグ 台北で国際会議

[有料会員限定]

【台北=市原朋大】東海旅客鉄道(JR東海)などJR4社と商社、鉄道車両メーカーが新幹線技術の世界標準化を目指す「国際高速鉄道協会(IHRA)」の全体会議が11日、台北市で開かれた。日本の新幹線技術の輸出第1号となった台湾との連携を強め、海外ビジネスの拡大につなげる狙いだ。

台湾では2007年、台北―左営(高雄市)間の約345キロメートルに台湾高速鉄路が高速鉄道を開業させ、JR東海や日本の鉄道車両メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン