/

この記事は会員限定です

四国の訪日客、関空経由最多 3割超、ビッグデータ分析

[有料会員限定]

四国運輸局はインバウンド(訪日外国人)の四国へのアクセスルートについて、ビッグデータを使って解析した。入国地は関西空港が最大で3割超を占めた。四国に直接入るルートは岡山県から香川県への瀬戸大橋が最大。アクセスルートによって初泊地やその後の周遊先の違いも浮き彫りになった。同運輸局は解析結果を踏まえ、自治体などの観光戦略や振興策に生かす。

調査は携帯基地局のデータに基づき実施した。2015年1~6月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン