/

この記事は会員限定です

高速道、全国50カ所で渋滞対策 ビッグデータ活用

[有料会員限定]

国土交通省はビッグデータを活用した渋滞や事故防止のための効率的な道路整備に乗り出す。渋滞や事故が起きやすい場所を特定してピンポイントで対策を講じる。高速道路50カ所で車線を増やしたり、生活道路100カ所で速度を落とさせる対策を取ったりする。日本人は移動時間の4割が渋滞によって余計にかかっている。渋滞を減らして労働生産性を高める。

国交省によると、高速道路の渋滞原因は事故や工事よりも上り坂などで発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン