サウジ原油の値上がり続く 4月11%高、供給過剰解消の見方

2016/5/3 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の石油会社がサウジアラビアなどから長期契約で輸入する原油の価格が一段と上昇した。4月積みのサウジ産の代表油種は前月比11%高となり、3カ月連続で値上がりした。中国などのガソリン需要が底堅く、供給過剰が解消に向かうとの見方が相場の押し上げ要因となった。

日本は原油の約8割をサウジなど主要産油国との長期契約に基づいて輸入している。直接取引(ダイレクト・ディール=DD)原油と呼び、価格はアジアの指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]