街の電力 水素で発電 大林組・川重、CO2を2割削減

2016/5/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大林組と川崎重工業は2018年に、水素を燃料としてつくった電気を神戸市の一部地域に供給する事業を始める。地域電源として水素発電を導入するのは世界初。主要な温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を従来の火力発電に比べ2割以上削減できる。水素エネルギーを自動車や家庭にとどまらず、地域で大量利用する取り組みが始まる。

燃料電池車(FCV)や家庭用燃料電池(エネファーム)など水素を燃料とする製品は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]