/

マックのトイレに覚醒剤置き忘れ 大阪、所持の容疑者逮捕

マクドナルドの店舗のトイレに置き忘れられた覚醒剤入りのポーチをきっかけに、大阪府警曽根崎署が大阪市の無職、上田歩容疑者(40)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことが30日、同署への取材で分かった。既に同法違反罪(営利目的所持)で起訴されている。

同署によると、上田被告は4月初旬、大阪市北区のマクドナルド店舗の個室トイレに、複数の袋に小分けされた覚醒剤や注射器が入ったポーチを置き忘れ、店側が「忘れ物がある」と110番。駆け付けた署員がポーチの中身を確認していたところ、上田被告が取りに戻って来たため現行犯逮捕につながったという。

上田被告は当初「私の物ではない」と否認していたが、販売目的で所持していたことを認めたという。同署が入手先などを調べている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン