ノロ感染新たに2人確認 南阿蘇村、2避難所で

2016/4/27 1:27
保存
共有
印刷
その他

熊本県南阿蘇村は26日、避難所2カ所で新たに成人2人のノロウイルス感染が確認されたと発表した。いずれも軽症で、他の避難者と異なる部屋に移した。村によると、感染者のうち1人は23日に集団感染の疑いが判明した南阿蘇中学校、もう1人は白水保健センターに避難していた。

2人は下痢や嘔吐(おうと)の症状を訴え、26日の検査で感染が分かった。原因は不明という。村は手洗いの徹底など対策を強化する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]