2018年1月19日(金)

インタープロテイン、AIで解析し創薬 がん・免疫疾患薬

2016/4/25 0:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 創薬ベンチャーのインタープロテイン(大阪市、細田雅人社長)は人工知能(AI)を使った医薬品を開発する。膨大なたんぱく質や化合物のデータを人に代わって解析し、がんや免疫疾患の新薬を効率よく探索できるAIを開発する。AIを使った創薬は米国で始まっているが、日本では先駆的な試みとなる。

 データセンター運営のブロードバンドタワー(BBタワー)子会社でAIを使ったIT(情報技術)サービスを手掛けるエーアイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報