その他スポーツ

喜田、女子個人総合2連覇 全日本新体操

2019/10/19 19:03
保存
共有
印刷
その他

新体操の全日本選手権第2日は19日、千葉ポートアリーナで行われ、女子個人総合は9月の世界選手権代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が4種目合計71.550点で2連覇した。

女子個人総合で優勝した喜田純鈴のリボン(19日、千葉ポートアリーナ)=共同

女子個人総合で優勝した喜田純鈴のリボン(19日、千葉ポートアリーナ)=共同

ユニバーシアード代表の柴山瑠莉子が0.100点差で4年連続の2位、2017年大会優勝の立沢孝菜が3位。世界選手権代表の皆川夏穂、大岩千未来(いずれもイオン)は出場していない。

前日の前半2種目で首位に立った喜田はクラブでミスが続いて13.200点だったが、リボンで全体1位の19.350点をマークした。

男子個人総合は川東拓斗(国士舘大)が4種目合計73.100点で初制覇した。

女子団体総合は日女体大が2種目合計46.850点で2年ぶりに日本一に輝いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

W杯ジャンプ女子個人第3戦で試技を終えた高梨沙羅(14日、クリンゲンタール)=共同

 【クリンゲンタール(ドイツ)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は14日、ドイツのクリンゲンタールで個人第3戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ) …続き (0:27)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は14日、北京でビッグエアが行われ、女子の鬼塚雅(星野リゾート)が165.00点で今季初優勝した。ビッグエアでのW杯制覇は初めてでスロープスタイルと合わせて通算3 …続き (0:22)

女子ダブルス準決勝 福島、広田組に勝利し歓声に応える永原(右)、松本組(14日、広州)=共同

 【広州=共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が王子維(台湾)を2―0で …続き (0:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]