/

女子SPは坂本2位、樋口3位 フィギュアGP開幕戦

【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第1日は18日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が73.25点で2位、昨年の世界選手権2位の樋口新葉(明大)が自己ベストの71.76点で3位につけた。

女子SPで2位につけた坂本花織の演技(ラスベガス)=共同

昨年の全米選手権覇者のブレイディ・テネル(米国)が自己ベストの75.10点で首位。アンナ・シェルバコワが4位、エリザベータ・トゥクタミシェワが5位とロシア勢は出遅れた。山下真瑚(愛知・中京大中京高)は46.21点で12位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン