/

女子団体最終戦、強風で中止 ジャンプW杯

【ベルリン=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は27日、ロシアのチャイコフスキーで団体最終第2戦(ヒルサイズ=HS102メートル)が行われる予定だったが、強風のため中止となった。

28日はまず団体最終第2戦を1回勝負で実施。その後に個人最終第13戦を行い、総合首位に立つ高梨沙羅(クラレ)が4季ぶり5度目の総合優勝に挑む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン