/

兼松・三木組が大回転2位 スノボ世界ジュニア

スノーボードの世界ジュニア選手権は27日、ロシアのクラスノヤルスクでパラレル大回転の混合団体が行われ、兼松直生(キャラファクトリー)三木つばき(CATALER)組が2位に入った。

清水大智(同大)大島さくら(長野・白馬高)組は11位、余郷隆正(関東スノーボードク)村田希空(CLUB HARO)組は13位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン