/

柔道GS、浜田尚里が優勝 ウルフ・アロンは2位

柔道のグランドスラム(GS)アンタルヤ大会最終日は3日、トルコのアンタルヤで男女計5階級が行われ、東京五輪代表4人が出場した日本勢は、女子78キロ級の浜田尚里(自衛隊)が優勝した。初戦の2回戦から3試合連続の一本勝ちで進んだ決勝でベアタ・パチュト(ポーランド)を寝技で抑え込んだ。

男子100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)は4試合全て一本を奪って進んだ決勝で、ゼリム・コツォイエフ(アゼルバイジャン)に指導3の反則負けで2位だった。

男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)は決勝に進出。2回戦から登場し、3試合を勝ち上がった。

男子90キロ級の向翔一郎(ALSOK)は初戦の2回戦で格下のアブデラヒマン・ベナマディ(アルジェリア)に優勢で屈し、敗退した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン