ニュース

フォローする

ラグビー日本3連勝、初の8強へ前進 A組首位浮上

2019/10/5 22:34
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第14日は5日、愛知・豊田スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、A組は世界ランキング8位の日本が同15位のサモアを38-19で下し、開幕3連勝で初の8強進出に近づいた。

後半、トライを決める松島

後半、トライを決める松島

日本は勝ち点14でA組首位に浮上。同組の3位以内が確定し、次回の2023年フランス大会の出場権を得た。

前半はCTBラファエレ(神戸製鋼)のトライとSO田村(キヤノン)の3PGで16-9とリード。後半は途中出場のWTB福岡(パナソニック)らのトライで加点。終了間際にWTB松島(サントリー)がチーム4トライ目を挙げた。松島はW杯通算5トライとなり、朽木英次を抜いて日本選手単独最多。対戦成績は日本の5勝11敗。サモアは1勝2敗の勝ち点5で1次リーグ敗退が決まった。

C組は日本代表前ヘッドコーチのジョーンズ監督率いるイングランドが前後半に3トライずつ挙げて、アルゼンチンに39-10で快勝。3連勝の勝ち点15で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。前回4位のアルゼンチンは1勝2敗の同6で、1次リーグ突破が厳しくなった。

D組は前回準優勝のオーストラリアが7トライを奪ってウルグアイを45-10で退け、2勝1敗で勝ち点11とした。1勝2敗のウルグアイとジョージアは敗退が決まった。(世界ランキングは4日付)〔共同〕

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
宝くじ収益金など公金に頼らずとも運営できるかが、次なる課題に(ラグビーW杯の決勝に詰めかけた観客)

 「食品の規制を緩和しました」――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催中、大会組織委員会の告知が話題を呼んだ。禁止していた食料品の持ち込みを開幕4日目で認めたのだ。需要の読みが外れて上振れし、売店 …続き (2019/12/3)

ラグビーW杯の関係者が秋元克広札幌市長を表敬訪問した(左から嶋津氏、秋元市長、森氏)

 日本ラグビー協会の森重隆会長とラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会の嶋津昭事務総長らが28日、秋元克広札幌市長を表敬訪問した。森氏は「W杯は大成功に終わった。開催都市が頑張ったおかげだ」と感謝の …続き (2019/11/28)

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (2019/11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]