/

J1、首位・川崎が快勝 6連勝の名古屋はドロー

明治安田J1第7節第2日(3日・川崎市等々力陸上競技場ほか=8試合)首位の川崎は三笘の2ゴールで大分に2-0で快勝し、2連勝で勝ち点を22に伸ばした。名古屋はFC東京と0-0で引き分け、開幕からの連勝は6で止まって同19。

新型コロナウイルスの集団感染による活動停止が明けたG大阪は、2月の開幕節以来の試合で広島と0-0で引き分けた。神戸は古橋のゴールなどで仙台に2-0で快勝。仙台は5連敗。

横浜Mは湘南と1-1で引き分けて4連勝を逃し、札幌は福岡に勝って5試合ぶりの勝利。浦和は鹿島を下した。柏と引き分けた横浜FCは開幕からの連敗を6で止め、今季初の勝ち点を手にした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン