/

高梨沙羅2位、表彰台歴代最多に王手 W杯ジャンプ

【ベルリン=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は20日、ロシアのニジニタギルで個人第10戦(ヒルサイズ=HS97メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は合計224.1点で2位に入った。表彰台は通算107度目で、男子のヤンネ・アホネン(フィンランド)が持つジャンプの歴代最多記録にあと1と迫った。

スキーW杯ジャンプ女子で2位に入った高梨沙羅(20日、ニジニタギル)=共同

高梨は1回目に92.5メートルを飛んで4位。2回目は95.5メートルまで伸ばして順位を上げた。丸山希(明大)が自己最高に並ぶ6位。マリタ・クラマー(オーストリア)が96.5メートル、96メートルの232.1点で今季4勝目、通算5勝目を挙げた。

伊藤有希(土屋ホーム)は8位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は19位。岩渕香里(北野建設)はスーツの規定違反で出場を認められなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン