/

荒井「やれることやった」 50キロ競歩、11日に五輪選考会

11日に行われる陸上の東京五輪代表選考会、日本選手権50キロ競歩を前に有力選手が10日、会場の石川県輪島市で記者会見し、2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(富士通)は「今やれることは十分やってこられた。準備が一番大事。今までのトレーニングの成果を確認しにいくという感覚でいる」とリラックスした様子で語った。

日本陸連が定めた派遣設定記録(3時間45分0秒)をクリアして優勝すれば残る1枠の代表に決まる。丸尾知司(愛知製鋼)は「落ち着いてレースをつくっていきたい」と抱負を述べ、小林快(新潟アルビレックス)は「100パーセントの力を出し切るのが大切」と語った。

また、女子20キロの特別レースで渕瀬真寿美(建装工業)の欠場が発表された。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン