/

柔道GS、新井が女子70キロ級で優勝 田代は63キロ級V

柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会第2日は6日、ウズベキスタンのタシケントで男女計4階級が行われ、日本勢はいずれも東京五輪代表が出場し、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)が優勝した。初戦の2回戦から3試合を勝ち上がって進んだ決勝でバルバラ・マティッチ(クロアチア)を優勢で下した。

女子63キロ級の田代未来(コマツ)も優勝。初戦の2回戦からアンドレヤ・レシキ(スロベニア)との決勝まで5試合全て一本勝ちを収めた。

男子81キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は準決勝でイタリア選手に一本負けしたが、イバイロ・イバノフ(ブルガリア)との3位決定戦で一本勝ちした。

GS大会は五輪の出場権やシード権の基準となる世界ランキングポイントの対象で、世界選手権とマスターズに次ぐ格付け。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン