/

スノボW杯、三木7位・竹内予選敗退 パラレル大回転

スノーボードのワールドカップ(W杯)は6日、スロベニアのログラでパラレル大回転の今季最終戦が行われ、女子の三木つばき(CATALER)は準々決勝でソフィア・ナディルシナ(ロシア)に敗れ7位だった。

佐藤江峰(谷口板金工業所)は29位、1日の世界選手権で7位だった竹内智香(広島ガス)は35位で予選敗退。男子は神野慎之助(トヨタ自動車)が19位、斯波正樹(ジョイングループ)が37位で予選落ちした。

女子はラモナテレジア・ホフマイスター(ドイツ)が優勝。男子はジャン・コシール(スロベニア)が制した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン