プロ野球

ソフトバンク、長谷川がコロナ陽性 2日の西武戦は中止

2020/8/1 23:37
保存
共有
印刷
その他

プロ野球ソフトバンクは1日、長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルスのPCR検査を受けて陽性と判定されたと発表し、2日の西武戦(ペイペイドーム)の中止を決めた。プロ野球で選手の感染が判明するのは、6月上旬に巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が陽性となって以来。6月19日にシーズンが開幕して以降では初めてとなる。

ソフトバンクの長谷川勇也外野手=共同

ソフトバンクの長谷川勇也外野手=共同

長谷川外野手は現在ファーム施設で調整中のため、球団は1軍の選手、スタッフらとの直接の接触はないとしたが、ファーム施設を利用する選手、スタッフらを経由しての感染の可能性を否定できないとして、西武戦の中止を判断した。

長谷川外野手は1日朝37度2分の微熱があったが、現在は発熱等の症状はないという。

オンラインで記者会見した後藤芳光球団社長は「起こり得ることだとは思っていたが、実際に問題の重さを感じている。今まで以上に(感染拡大防止の)態勢づくりに取り組んで参りたい」と神妙な面持ちで話した。

ソフトバンクは7月22、23日に行ったPCR検査で所属の選手、監督、コーチ、スタッフ全員の計202人が陰性だった。長谷川外野手の感染を受け、球団は2日以降に再検査を行い、結果が出るまでファームの活動は中止、1軍の3日以降の予定も検査の結果を待って判断するとした。

ソフトバンクで選手の感染が確認されるのは初めてだが、7月に球団従業員と本拠地ペイペイドームの場内案内をするアルバイト従業員の、2人が陽性と判定されていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4勝目をあげた日本ハム・杉浦=共同

 糸を引くような直球に多彩な変化球で西武打線に六回まで二塁を踏ませなかった日本ハムの先発・杉浦が七回、試練を迎えた。3点のリードがありながら「警戒しすぎた」と山川、栗山、森を歩かせ2死満塁。一発出れば …続き (7日 23:30)

5回広島2死一、二塁、羽月が右中間に2点三塁打を放つ(7日、マツダ)=共同

【広島11―6阪神】広島はプロ初出場先発の羽月が2安打3打点1犠打で活気づけ、11点と大勝した。二回にセーフティースクイズで初安打初打点。6―4の五回は2点三塁打を放った。森下が6回4失点で3勝目。阪 …続き (7日 21:57)

 ソフトバンクは7日、新型コロナウイルスに感染した長谷川勇也外野手の濃厚接触者に、リチャード内野手が新たに判定され、自宅待機となったと発表した。7日に受けた抗原検査は陰性で、待機期間については保健所の …続き (7日 21:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]