/

遠藤航が独1部初ゴール 2得点2アシストで勝利に貢献

【ケルン(ドイツ)=共同】サッカーのドイツ1部リーグで27日、シュツットガルトの遠藤航はホームのシャルケ戦で前半にリーグ初ゴールを含む2得点をマークした。終盤には2アシストし、4点に絡む活躍で5-1の勝利の立役者となった。

守備的MFでフル出場して前半10、26分にCKから決め、試合終盤に2得点をお膳立てした。

ビーレフェルトの堂安律は0-3で敗れたアウェーのドルトムント戦に先発出場し、0-2の後半30分に奥川雅也と交代した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン