/

ロシア陸連の改革計画、策定期限を延長 世界陸連

世界陸連は26日、組織的なドーピング問題を巡って資格停止処分としているロシア陸連について、資格回復に向けて作成する改革計画の策定期限を、来年3月1日に延長することを認めたと発表した。当初は9月末までだったが、作業部会の勧告に基づき、決定した。専門家2人を派遣し、問題解決へ支援する。

コー会長は「次の期限までに計画が完成していない場合、再びロシア陸連の追放を検討するだろう」とコメント。世界陸連の作業部会は、ロシア陸連が8月31日に提出した改革案について「深刻な欠陥があり、世界陸連の要件を満たしていない」と指摘した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン