/

フィギュア国別対抗戦、日本は3位 坂本花織がフリー2位

フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は17日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、順位点の合計で日本は107点で3位となり、ロシアが125点で初優勝した。女子フリーは坂本花織(シスメックス)が自己ベストの150.29点で2位、紀平梨花(トヨタ自動車)が132.39点で5位だった。世界選手権女王のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が160.58点で1位。

女子フリー 演技を終え、ガッツポーズする坂本花織(17日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同
順位点合計で3位となり、表彰式でメダルを手にする日本チーム。(左から)小松原尊、小松原美里、宇野昌磨、紀平梨花、羽生結弦、坂本花織、木原龍一、三浦璃来(17日、丸善インテックアリーナ大阪)=ISU提供・ゲッティ共同

ペアのフリーは三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が自己ベストの130.83点で3位。

6カ国が参加し、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組の順位ごとに与えられる得点の合計で争われた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン