/

卓球の五輪選考基準を変更 世界選手権など重視、パリ大会から

日本卓球協会は6日、オンラインで理事会を開き、2024年パリ五輪の日本代表選考基準について、世界ランキングを重視していた従来の選考方法を変更し、世界選手権など特定の大会での成績を重視する方針を承認した。星野一朗専務理事は「世界選手権やアジア大会などにプラスして国内選考会などに重きを置いて選考する」と説明した。

東京五輪の選考では、シングルス男女各2人は世界ランク上位2人を選んだが、今年刷新された国際大会ワールドテーブルテニス(WTT)では、大会によってはランキング上位選手でも出られないケースがあり得ることから判断した。今後も国際卓球連盟(ITTF)などの対応をみて柔軟に対応するとしている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン