/

大橋・谷川ら初の五輪代表 瀬戸優勝、池江は決勝進出

東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は3日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕し、400メートル個人メドレーの女子は2019年世界選手権銅メダルの大橋悠依(イトマン東進)が4分35秒14で制し、4分37秒90で2位に入った17歳の谷川亜華葉(イトマンSS)とともに日本水連の定める派遣標準記録を突破して、そろって初めての五輪代表入りを決めた。

女子400メートル個人メドレーで優勝した大橋悠依。右は2位の谷川亜華葉。左は3位の清水咲子(3日、東京アクアティクスセンター)=共同

男子は19年世界選手権優勝で五輪代表に決まっていた瀬戸大也(TEAM DAIYA)が4分9秒02で勝った。井狩裕貴(イトマン近大)が4分11秒88の2位で初の代表入り。

女子100メートルバタフライは、白血病で長期療養していた池江璃花子(ルネサンス)が準決勝で58秒48の全体3位となり、4日の決勝に進んだ。男子100メートル平泳ぎ準決勝は佐藤翔馬(東京SC)が59秒18の1位、渡辺一平(トヨタ自動車)が59秒76の3位で通過した。

男子400メートル自由形は中島涼(コナミスポーツ)が3分47秒00で勝ったが、派遣標準に届かず、この種目での代表入りは逃した。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン