/

世界レスリング、奥井4位 男子74キロ級で五輪出場枠

【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第8日は21日、カザフスタンのヌルスルタンで男子フリースタイルが行われ、五輪実施階級で74キロ級の奥井真生(自衛隊)は3位決定戦で2012年ロンドン五輪王者のジョーダン・バローズ(米国)に敗れ、日本協会の選考基準で五輪代表決定は持ち越された。5位までの五輪出場枠は獲得した。

男子フリー74キロ級3位決定戦 米国選手(左)に攻められる奥井真生(21日、ヌルスルタン)=共同

86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)は3回戦でサンマリノ選手に屈し、97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)は初戦でカザフスタン選手に敗れ、ともに敗者復活戦に回れなかった。

非五輪階級で日本男子の高校生としては30年ぶりの出場となった79キロ級の高橋夢大(京都・網野高)と61キロ級の山口海輝(日体大)はともに初戦で敗退した。

日本勢は今大会の全階級を終え、女子で金1、銀3、銅2、男子グレコローマンスタイルで金2、銅1の計9個のメダル獲得となった。男子フリーではメダルなしに終わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン