/

DeNAラミレス監督「V逸の責任取る」 退任を発表

プロ野球DeNAは24日、アレックス・ラミレス監督(46)の今季限りでの退任を発表した。優勝の可能性が消えた23日に辞任の申し入れがあり、球団が了承した。同監督は横浜市の横浜スタジアムでの広島戦後に記者会見に臨み「優勝に必要な戦力は全て整っていた。この結果を招いた責任は取らないといけない」と穏やかな顔で語った。

退任の記者会見を終え、あいさつするプロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(24日、横浜スタジアム)=代表撮影・共同

後任として三浦大輔2軍監督(46)の昇格が有力視されている。

ラミレス監督就任5年目の今年は1998年以来の優勝も期待されたが、今永昇太投手ら主力の離脱も響いて50勝53敗5分けの4位と苦戦している。「スポーツにけがはつきもの。それも含めて勝ったり負けたりがある」と言い訳せず「選手がベストを尽くしてくれたからこそ、この5年間がある」と感謝を述べた。

ベネズエラ出身で、ヤクルトや巨人でスラッガーとして活躍し、プロ野球通算2千安打も達成した。データ重視の選手起用や采配で強力打線を仕立て、低迷続きのチームを再建。昨季までの4年でAクラス入りは3度で、2017年は3位からクライマックスシリーズを突破して19年ぶりの日本シリーズへ導いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン